はじめのかんぽとしてリニューアルも元本割れ

かんぽ生命の学資保険

 かんぽ生命の新学資保険は今年になって「はじめのかんぽ」としてリニューアルしましたが、2016年8月の保険料改正で逆戻り、さらに2017年4月の保険料改正で、もっとも返戻率のいいタイプで戻り率が約95.2%と、入りづらい学資保険となりました。

 コースは3つあり、中学、高校用に大学入学前に祝金がもらえる「小・中・高+大学入学時の学資金準備コース」、大学1年、2年、3年、4年と計四回保険金が受け取れる「大学入学時+在学中の学資金準備コース」、従来の大学入学時に保険金が受け取れる「大学入学時の学資準備金コース」

 返戻率は、「小・中・高+大学入学時の学資金準備コース」が約94.5%「大学入学時の学資準備金コース」が約94.7%「大学入学時+在学中の学資金準備コース」が約95.2%となっています。

 今までは、18歳払済みのみだった保険金の支払いが、12歳で保険料の支払いを終えるタイプも追加。
 当然、早く保険金を支払う分、戻り率は高くなりますが、「大学入学時+在学中の学資金準備コース」で約97.5%となります。

 民間の保険と同様に、教育費の資金需要に応じたコースも拡充され、選びやすくはなりましたが、基本、元本割れするというのはきついところです。その日からという入院特約が付き、入院1日4500円の医療保障がつくようにはなったのですが、医療保険としては、共済などを選んだ方が有利です。(※子供の医療保険ランキング参照)
戻り率の高い学資保険を選ぶという観点からは、おすすめはできません。

かんぽ生命の学資保険のポイントまとめ

  • 元本割れする
  • 大学入学資金用のほか、大学四年間の学資準備金コースなど、3つのコースを選ぶことが可能。
  • 契約者に万が一のことがあったばあいには、その後の保険料は全額免除
  • 特約をつけることで補償を追加することが可能

→返戻率の高い学資保険ランキングはこちら

スポンサード リンク

Page top icon