学資保険に年齢制限はあるの?子供の加入年齢は7歳、8歳が目安です

学資保険に年齢制限はあるの?子供の加入年齢は7歳、8歳が目安です

小学校入学式

 学資保険の年齢制限、子供の加入年齢の上限は、かんぽ生命の12歳です。

 ただ、元本割れせずに、貯めることが可能な年齢を考えると、小学校1年生あたりの7歳、8歳が目安になります。

 ちなみに返戻率が高くて人気のソニー生命の学資保険の加入年齢の上限は3歳です。

 返戻率が高い学資保険を選ぶなら、早く加入する必要があります。

  1. 学資保険の保険会社ごとの年齢制限
  2. プランや月額払いなどの払い方で年齢制限が早まる場合もあります
  3. 学資保険の年齢制限をクリアするには、年払い、早期払い

学資保険の保険会社ごとの年齢制限

 学資保険にも年齢制限はあります。

 学資保険は、大学入学前の17歳、18歳までに積み立てないといけないので、いつでも契約可能というわけではありません。

 保険会社ごとの年齢制限を見ると、ソニー生命が3歳と一番早く、明治安田生命、日本生命が6歳、フコク生命が7歳、かんぽ生命、JAこども共済が12歳となります。

 12歳までなら、安心と思うかもしれませんが、かんぽ生命は元本割れしますし、JAこども共済も年払いしないと元本割れします。

 毎月保険料を支払って貯めることを考えると、7歳が学資保険の年齢制限の上限になります。

保険会社 契約可能年齢
ソニー生命 3歳まで
明治安田生命 6歳まで
日本生命 6歳まで
フコク生命 7歳まで
アフラック 7歳まで
第一生命 10歳まで
JAこども共済 12歳まで
かんぽ生命 12歳まで

スポンサード リンク

プランや月額払いなどの払い方で年齢制限が早まる場合もあります

 学資保険の年齢制限ですが、プランによっては、早まる場合、年齢が低くなる場合もあります。

 ソニー生命には、Ⅰ型、Ⅱ型、Ⅲ型の3つのプランがありますが、中学入学に備え、12歳に学資祝金がもらえるⅠ型は、1歳までに加入が必要な場合があります。

 小学校入学、中学入学など、早い段階で祝金がもらえる学資保険は、年齢制限が早くなります。

 また、払い方でも年齢制限が早まる場合があります。

 学資保険は、保険金の支払い時期が決まっているので、運用期間が短くなる、つまり子供の年齢が上がると、運用成果を上げることができません。

 通常の月額払いでは、加入年齢があがると、運用が不利になりがちです。

 ソニー生命の場合でも、10歳払い済みなら3歳でも加入可能も、18歳払い済みでは年齢制限にひっかかる場合があります。

 

月額払い、18歳払い済みなどは、年齢制限が早くなります。

学資保険の年齢制限をクリアするには、年払い、10歳払い済みなどの早期払い

 学資保険の年齢制限ぎりぎりの場合でも、なんとか加入したい場合の方法は、年払いなどのまとめ払いと10歳払い済みなどの早期払いです。

 年払いは、1年分をまとめて、支払う方法です。

 一回に払う金額は多くなりますが、まとめて払う分、保険会社にとって口座振替手数料が安くなるメリットもあるため、年齢制限が若干ゆるくなります。

 JAこども共済は、12歳で月額払いでは元本割れしますが、年払いなら元本割れしません。

 10歳払い済みなどの早期払いも、支払いが早く終わり、運用期間が長くなる分、年齢制限の条件が緩和されます。

 ただ、年齢制限に近くなると、年払いや早期払いをするにしても、金額が多くなりがちで条件が厳しくなります。

 学資保険の年齢制限を気にしなくてもいいように、学資保険はできるだけ早い年齢での加入を考えるべきです。

⇒学資保険の返戻率と利率ランキングをチェック

スポンサード リンク

Page top icon