学資保険の加入時期や年齢はいつがいい?

 学資保険の加入を考える場合、いつからがいいか悩む人がいるかもしれません。ほかの人は、いったいどれくらいの時期から入っている人が多いのか?そんなところかもしれません。

 結論からいうと、できるだけ早い年齢、時期に入った方がいいというのが答え、生まれてすぐの赤ちゃんの時から入った方がいいんです。

 その理由は、単純に言うと、早く入った方が保険料が安くすむからです。

早く入った方が保険料が安くなる理由

 よくある質問の前の記事(親の年齢は関係あるの)でもありましたが、契約者(親)の年齢が若い方が保険料が安くなります。

 1ヶ月、2ヶ月程度なら変化はありませんが、1歳、2歳違うと、月数円~十数円変わって来ます。

 親の年齢が若い方が保険料が安くなるということも、早く入った方がいいという理由の一つです。

子供の年齢で保険料がどれくらい変るかのシュミレーション

 フコク生命のジャンプ型、契約者:30歳男性で、子供の年齢を変えて、保険料がどれくらい変るかシュミレーションしてみました。

 ざっくりですが、1年遅れるごとに1万円ほど損をすることになります。

 この結果からも分かるとおり、学資保険に入るなら加入時期はできるだけ早い方がおトクです。

こどもの年齢 月額保険料 支払い総額 差額(月額) 差額(総額)
0歳8897181498800
1歳9534183052863715540
2歳102181839240132124252
3歳110011848168210433180
4歳119071857492301042504
5歳129631866672406651684
6歳142131876116531661128
7歳156961883520679968532

スポンサード リンク

Page top icon