学資保険に5歳から入った場合のおすすめの保険

5歳の学資保険

 学資保険に5歳で入った場合の返戻率をまとめました。

 学資保険といえば!ということで、かんぽ生命の学資保険やCMの露出の多いJAの学資保険を選びがちですが、返戻率が不利なので、返戻率を確かめた上での加入を考えるべきです。

 なお、5歳になると、ソニー生命の学資保険は加入できなくなり、明治安田生命のつみたて学資も10歳払い済みが選べなくなります。

 まだ、5歳前なら、早めに加入すべきです。

 ちなみに、学資保険に5歳から場合のおすすめは、フコク生命の学資保険、ニッセイの学資保になります。

※2019年4月7日21時調べ

  1. 5歳の子供の学資保険に入った場合の返戻率ランキング
  2. 学資保険に5歳から入るときにおすすめの保険

学資保険に5歳から入った場合の返戻率ランキング

 学資保険に5歳から入った場合の返戻率をランキング表にしました。
 条件をそろえるために30歳男性で計算しています。

 保険金額は、18歳満期で、月額保険料200万円と300万円のプランで計算しています。

 返戻率が高いのは、15歳払い済みの明治安田生命のつみたて学資です。
保険金額300万円のタイプがり高く、102.7%の返戻率になります。

 次が、ニッセイの学資保険です。
 保険金額300万円(18歳払い済み)で102.0%、10年払いを選べば103.1%、5年払いであれば104.3%、返戻率はより高くなります。

 3番目がフコク生命 みらいのつばさです。
 明治安田生命と同じ条件の14歳払い済みを選ぶと、102.7%の返戻率になります。
 保険金額210万円の場合は、明治安田生命のつみて学資よりも、フコク生命の学資保険の方が返戻率が高くなります。

商品名
支払い期間/満期
(保険金額)
保険料
(返戻率)
明治安田生命 つみたて学資
15歳払い済み/22歳満期
(300万円)
24,323円
102.7%
ニッセイ学資保険 祝い金なし
18歳払い済み/22歳満期
(300万円)
18,840円
102.0%
~104.3%
明治安田生命 つみたて学資
15歳払い済み/22歳満期
(200万円)
16,365円
101.8%
フコク生命 みらいのつばさ ジャンプ型
17歳払い済み/22歳満期
(210万円)
※オススメ
13,727円
101.1%
~104.3%
フコク生命 みらいのつばさ ステップ型
17歳払い済み/22歳満期
(210万円)
※オススメ
13,760円
100.9%
~104.0%
JA共済 こども共済 学資応援隊
18歳払い済み/22歳満期
(200万円)
13,142円
97.5%
~102.5%
アフラック 夢みるこどもの学資保険
18歳払い済み/18歳満期
(180万円)
11,994円
96.2%~97.6%
かんぽ生命 はじめのかんぽ
(大学入学時+在学中の学資金準備コース)
18歳払い済み/21歳満期
(200万円)
13,540円
94.7%
~97%

学資保険に5歳から入るときにおすすめの保険

 学資保険に5歳で入るなら、フコク生命 みらいのつばさがおすすめです。

 月1万円あたりが学資保険の保険料の目安だと思います。保険金額200万円がその金額になりますが、その条件で一番高い返戻率がフコク生命の学資保険です。

 次が、明治安田生命のつみたて学資です。15歳払い済みで、返戻率101.8%。保険金額300万円になれば、返戻率がさらにアップします。

 月額の保険料は高くなりますが、返戻率の高さで選ぶなら、ニッセイの学資保険もおすすめです。
 短期払いの10年払いなら、月24,240円で、返戻率103.1%。5年払いなら返戻率104.3%とかなりアップします。

 ニッセイの学資保険は、保険金額300万円の場合、大学入学時100万円、その後4年間50万円ずつなので、入学金、授業料と大学の学費に充てやすいのもメリットです。

フコク生命「みらいのつばさ」

フコク生命の学資保険みらいのつばさ

(ジャンプ型)返戻率:101.1~104.3%

 保険金額200万円あたりの条件で、一番返戻率が高いのがフコク生命の学資保険です。

 11歳払い済みの早期払いを選べば、返戻率104.3%とアップ。
 2歳以降ならフコク生命が高い返戻率になります。
 さらに、兄弟で入れば、兄弟割引で保険料が安くなります。

明治安田生命「つみたて学資」

明治安田生命

返戻率:101.8%

 15歳払い済みの分、返戻率が高くなり、101.8%。保険金額が300万円になれば、返戻率が102.7%とアップします。

日本生命「ニッセイの学資保険」

日本生命

返戻率:102.0~104.3%

 10年払いを選べば、返戻率103.1%、5年払いを選べば104.3%とさらにアップします。
 月額保険料は高くなるので、選びづらいかもしれませんが、大学入学を考えると、いつかは必要なお金です。

 また、大学入学時100万円、その後毎年4年間50万円ずつなので、入学金、学費と使い勝手がいいメリットもあります。

スポンサード リンク

Page top icon